ホーム iPhone 7最新情報 iPhone 7メリット&iPhone 7デメリットまとめ

Apple

【iPhone 7メリット&デメリット】最新モデルiPhone 7評価速報〜iPhone 7不具合/新機能まとめ

2015年9月発売されたiPhone 6sは、Live Photo、4K動画撮影、3D Touchなどの新機能を追加するほか、女性のために新色ローズゴールドも追加した。iPhone 6sへ機種変更したいが、iPhone 6はまだまだ買ったばかりなので、やはりiPhone 7まで待ったほうがいい。おまけに、iPhone 6sは発売された後、多くのユーザーから「iPhone 6s 熱い」「iPhone 6s故障」「iPhone 6sホームボタン熱くて起動しない」「iPhone 6s電源落ちる」そして「iPhone 6sツムツム不具合」など、iPhone 6s不具合の発生が報告されている。つまり、Apple前モデルとし、iPhone 6sはさまざまな新機能が追加されたほか、iPhone本体の機能やiOS・アプリの動作などに不具合があるのも事実。 では、iPhone 6sの後継者としてのiPhone 7はどうでしょうか?iPhone 6s に頻発のiPhone 6sの不具合を改善できるか?次は最新iPhone 7評価をまとめ、iPhone 7メリット、iPhone 7デメリット(iPhone 7不具合)を別々紹介する。また、iPhone 7発売日などの情報もお届け。

iPhone 7に乗り換えるまでに準備しておくべきツール
iPhone 7評価

WinX MediaTrans

iPhone 7に機種変更したいならWinX MediaTransが必携
元のiPhoneから写真、音楽、ビデオなどをバックアップしてiPhone 7に移行するには超便利!WinX MediaTrans一本で解決!

使いにくいiTunesとはさらば!

WinX MediaTrans WinX MediaTrans

iPhone 7評価:iPhone 7メリット(iPhone 7新機能)まとめ

iPhone 7メリットその一〜〜iPhone 6sより薄くなる

ご周知のように、iPhone 7においてイヤホンジャックが廃止されるという噂が流れている。もしそれが事実なら、iPhone 7本体はより薄くなる可能性がある。そしてこの前のiPhone 6sといえば、iPhone 6と比べスペックの面はかなり改善されたが、iPhone 6sの重さがiPhone 6よりも1割重くなり、129 gから143 gへと重量アップした。もちろん、厚さも6.9 mmから7.1 mmへ増加した。わずかの違いにしか見えないのが、手持ちの感じはかなり違う。今回イヤホンジャックがなくなることによって、iPhone 7の厚さが8mmから7.1mmへ変化という予測がある。

iPhone 7メリットその二〜〜iPhone初の防水・防じん対応

アイフォン7 最新情報によると、iPhoneユーザー待望の防水機能もiPhone 7に追加される。従来のiPhoneは防水機能がなかったので、「Android系のスマホ端末に遅れを取っている」とも言われているが、アイフォン7 最新情報をまとめてみた。iPhone 7の大きな特徴となるのが、防水・防じん性能を備えた本体。保護等級は「IP67」というグレード。防じんに関しては「チリの侵入がない」ことを示す保護形式「6」が、防水に関しても30分間水中に放置しての試験をパスする「7」の数字が与えられる、強力な性能。おまけに、イヤホンジャックも廃止されるから、アイフォン7の防水性能をいっそう高めた。お風呂場、プールなどの水場での利用も可能とされている。しかし、iPhone 7の防水機能は完全防水という訳には行きませんので、あくまでも濡れた手で画面を押す程度であれば問題はありませんから、長い時間iPhone 7を水に沈めないようにご注意してください。

iPhone 7メリットその三:16GBが廃止!ストレージが32GBモデルから

iPhone 6・6sのデメリットと言えば、何よりも16GBの存在でしょう。時間と共にアプリ、写真や音楽などがたくさんたまり、iPhoneのストレージがすぐ足りなくなる。本日、ありがたいことに今回のiPhone 7全シリーズには最小ストレージが32GBに搭載し、最大で256GBという大容量ストレージが追加されることになる。32GBの追加は、16Gか64Gを購入すべきか悩んでいる方にとってこれは大変うれしいニュースになる。iPhone 6sの16Gとほぼ同じ価格で32GBiPhone 7のほうがなかなかお買い得になる。

iPhone 7メリットその四:デュアルカメラ

前回iPhone 6sのカメラは昔のiPhoneと大きく変わり、1200万画素のメインカメラ、500万画素のフロントカメラを搭載し、4k動画撮影も可能にさせた。上記iPhone 6s搭載している新機能を保つほか、今回のiPhone 7 Proはデュアルカメラモジュールも採用する。つまり、iPhone7 Pro背面のメインカメラは2つのレンズが並んで配置され、更に新しくなったTrue Toneフラッシュを2つ搭載して、画質をデジタル一眼レフカメラレベルに引き上げるようだと伝えている。しかしデュアルカメラはiPhone 7 Proのみ搭載するから、iPhone 7で実現できないことも残念。

iOS 10脱獄ツール

iPhone 7メリットその五:バッテリー持ちが向上

実は新しいiPhoneが登場する度に、「次のiPhoneではバッテリー持ちを良くしてくれ」という声が挙がっている。前回のiPhone 6sはiPhone 6シリーズと比べ、バッテリー容量が落ちてしまった。Appleの発表によると、バッテリーの持ちがiPhone 7はiPhone 6sより最大2時間、『iPhone 7 Plus』は『iPhone 6s Plus』よりも最大1時間延びた。また、A10プロセッサーを搭載しているiPhone 7シリーズの省電力性能が向上し、今回の「iPhone 7」・「iPhone 7 Plus」は、バッテリー性能が大幅にアップしている。

iPhone 7評価:iPhone 7デメリット(iPhone 7不具合)まとめ

iPhone 7デメリットその一:新搭載のiOS 10不具合が発生

今年6月13日に開催される開発者向けのイベント「WWDC」で「iOS 10」「macOS Sierra」など発表された。そしてiOS 10はiPhone 7に用いられるに違いない。iOS 10は安全性、3Dタッチ、Siriそしてコントロール・センターなどの機能が改善された。一方、iOS 10にアップデートした後、バッテリーの消耗は速い、ソフト動かない、スペースは足りないなどiOS 10不具合の報告が次から次へと出てきた。だから、iOS 10を搭載しているiPhone 7は操作面ではさまざまな不具合が出てくる可能性がある。

iPhone 7デメリットその二:イヤホンジャックが消え

イヤホンジャックが消えた後、iPhone 7本体はもっと薄くなる、重量もiPhone 6sよりずっと軽くなったが、何とか不便な感じがする。Buletoothで接続して音楽や音声を聞くことができるが、有線で聞いたいなら、Lightning接続する必要がある。残念ながら昔付属であるイヤホンはLightning接続版とのことで、別売りとなる。ワイヤレスイヤホンは従来のイヤホンより操作便利が、純粋に音質を考えれば、Bluetoothで聞くよりもLightning接続で有線で聞いた方がいい音を聞ける。そしてLightning接続で有線で音楽を聴くとき、充電機能が利用できない。つまり充電と同時にイヤホンで音楽を聴くことが無理。

iPhone 7デメリットその三:ワイヤレス充電でiPhone 7発熱、通話不便

iPhone 7新機能として登場のワイヤレス充電は専用のスタンドに置くだけでチャージできるのでとても便利。一方、そして昔ワイヤレス充電を利用する人によると、ワイヤレスの充電にはどんなものでも発熱が伴っている。そしてワイヤレスと言っても充電機から離れた状態ではバッテリーを充電することはできない、通話を行うとき充電を中止するほかはない。でなければ、スピーカー通話を使用する必要がある。微妙に不便なところがあるでしょう。また、ワイヤレス給電は現状では給電力が弱く、iPhone 7の充電時間が若干長い気がする。

iPhone 7デメリットその四:ホームボタンがなくなる

アイフォン7 最新情報によると、前代iPhone 6s/6s plusとあまり変わらないが、iPhoneの特徴としてのホームボタンはiPhone 7でなくなる可能性があり、「次期iPhoneではホームボタンがセンサーによるタッチボタンになり、前面は完全にフラットになる」と言われている。ホームボタンが壊れる心配がない。一方、昔iPhone故障発生するときホームボタンを押すことによって解決できるが、ホームボタンがなくなると、iPhone 7不具合が発生するとどうすればいいか?また、ホームボタンの押したときの感じが好きな人もかなりいるから、やはりホームボタンがなくなると不便利になる。

iPhone 7デメリットその五:カメラレンズが更に突出

今までのiPhoneのカメラのデメリットといえば、やはりその突出しているカメラレンズ。残念ながら、この長い間に不評をかってカメラレンズがiPhone 7では更に突出しているようだ。またiPhone 7背面のメインカメラは2つのレンズが並んで配置され、カメラレンズがいっそう注目になった。機能の面から言うと、別に問題がないが、外観デザインから見ればちょっと見にくいけど。

iPhone 7デメリットその六:iPhoneを探す機能は改善されない

iPhone紛失・盗難に出会ったことがあるか?自分はどこかに置いたならiPhoneを探す機能を利用すれば無くなったiPhoneを取り戻すことができるかもしれないが、泥棒に盗まれた場合はiPhoneを探す機能は何にも役に立たないね!だって、いったん自分のiPhoneがシャットダウンされると、iPhoneはオフラン状況になり、位置づけることができない。iPhone 7新機能がいっぱい追加されたが、iPhoneを探す機能はやはり改善されていない。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

主要カテゴリー

WinX MediaTrans

「iTunes」代替ソフト2016版〜〜 日本語に対応

iPhoneを PCに転送

データをiOSデバイスとPCの間に移行音楽、プレイリスト、ミュージックビデオなど音楽、プレイリスト、ミュージックビデオなど

スマホ全般比較

超人気スマホフラグシップ機iPhone、Xepria、Galaxy最新スマホ&タブレット徹底比較!|メリット&デメリット付き

iPhone/iPadの最新情報, スマホ全般の話題の人気記事

  1. 1

    iPhone 7/7 Plus最新情報!次世代モデルiPhone 7発売日が明らかに?!iPhone 7新機能・デザイン・スペック・発売日・価格

  2. 2

    頂上対決!iPhone 7とXperia X PerformanceとGalaxy S7比較:2016最強スマホはどれ?あなたはどれを選ぶ?

  3. 3

    【iPhone 6sとiPhone 7の違い】iPhone 7とiPhone 6s性能徹底比較|iPhone 6sとiPhone 7の違いを徹底チャック!

  4. 4

    ついに出世!Surface Phone最新情報まとめ!サーフェスフォン日本発売日・スペック・価格などはどうなるか?

  5. 5

    【解決済み】Xperia X Performance発売日はいつ? Xperia X Performanceスペックなどの詳細も教えてください!