ホーム ブログ iOS 10アップデート失敗・不具合の対処方法

Apple

iOS 10にアップデートできない時の解決方法|iOS 10アップデート失敗・不具合を回避!

待ちに待ったiOS10にアップデートする日が来た!2016年6月のWWDC(アップルの開発者イベント)でiOS 10は発表され、さらに賢くなったSiriから、まったく新しいアプリ、写真、マップ、ミュージック、メッセージまで多くの機能の向上まで、iOS 9と比べるとiOS 10は役に立つ進化が満載されている。iOS 10正式版は2016年9月14日にリリースされるから、iOS10 アップデートし、まったく新しいiOS10を体験したい人が多い。

しかし、ご存知の通り、iOS 10アップデートでさまざまな不具合(iOS 10ダウンロードできない、アクティベートができない、デバイスの動作が重くなったなど)が発生する可能性がある。次は安全かつ高速にiOS 10アップデートを実現するために、iOS 10にアップデートできないときの対処法を紹介。iOS 10アップデート手順やiOS 10不具合も詳しく説明する。

iTunesの代わり、WinX MediaTransでiOSデバイスデータバックアップ
iOS 10にアップデートできない

ネットに接続しなくても音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!最新のiOS10対応!

iOS 10アップデート失敗 iOS 10不具合

操作画面シンプルで初めての人でも簡単に出来そうで、iPhone iPadとPCの間で写真やビデオ、音楽をバックアップ、転送、管理を行える最高のソフト - こふす (管理人)

iOS 10にアップデートできない:アップデート要件を満たさない

iOS 10にアップデート要件を満たさないなら、iOS 10アップデート失敗することもあるから、自分の持っているiOSデバイスはアップデート要件を満すかどうかを確認してください。

iOS 10アップデート前の準備:

1.バックアップ:アップデートの途中でトラブルが起きてしまったら、大切なデータが失われる可能性があるから、iOS 10アップデート前に大事なデータがバックアップを行ってください。
 ・iTunesでバックアップ:iPhone/iPad/iPod touchをコンピュータに接続→iTunesを立ち上げる→左上にあるデバイスアイコンをクリック→表示される画面の「今すぐバックアップ」ボタンをクリック。
 ・iCloudでバックアップ:デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続→「設定」をタップし、下にスクロールして「iCloud」をタップ→「バックアップ」をタップして、「iCloud バックアップ」をタップ→「今すぐバックアップを作成」をタップ
 ・MediaTransでバックアップ:iTunes、iCloudよりも高速で、ネットに接続しなくても音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送できる。

2. 空き容量を確認:iOS 10アップデートは空き容量が無い場合ができないから、iOSデバイス内に「1.5GB」以上の容量があることをご確認ください。

3. iOS 10対応機種を確認:iOS 10にアップデートする前に、お使いのiPhone、iPadやiPod touchはiOS 10に対応しているのかを確認してください。
 ・iPhone:iPhone 5/5c/5s、iPhone 6/6 Plus、iPhone 6s/6s Plus、iPhone SE、iPhone 7/7 Plus
 ・iPad:iPad Pro(12.9型)、iPad Pro(9.7型)、iPad Air/Air 2、iPad mini 2/3/4
 ・iPod touch(第6世代以降)

4. 電量を確認:iOS 10にアップデートできないように、お使いのiOSデバイスのバッテリー残量が50%以上もしくは充電中の状態を確保してください。

iOS 10にアップデートできない:iOS 10アップデート手順をチェック

iOS 10アップデート失敗したとき、基本はアップデート手順は間違っているのかも。特に今iOS 10ベータ版をインストールしかないから、アップルが、iOS 10ベータ版の提供を開始するといっても、iOS 10アップデート不具合に出会った人がたくさんいる。アップデート手順が間違えていたら、iOS 10にアップデートできないこともあるから、次はiOS 10アップデート手順からチェックしましょう。

iOS 10アップデート不具合

ステップ1:

iPhone/iPad/iPod touchで「設定」 > 「一般」 > 「ソフトウェアアップデート」の順にタップ。

ステップ2:

「ダウンロードしてインストール」をタップ。

ステップ3:

パスコードを入力して、利用規則を同意。

ステップ4:

iOS 10のダウンロードがスタート。そしてiOS 10のダウンロードが終わったら、「今すぐインストール」をタップしてiOS 10をインストールすることができる。インストール中はiOSデバイスを操作しないようにご注意ください。

ステップ5:

iOS 10のインストールが完了した後、「再起動」をタップしてiOSデバイスを再起動したあと、設定画面から「一般」→「ソフトウェア・アップデート」に進んで、「ダウンロードとインストール」をタップしてください。 そして「パスコードを入力」→「(利用規約に)同意する」の順番でクリックと、数十分ほどでiOS 10にアップデートできる。

iTunesを通してiOS 10にアップデートできない

iOS 10アップデート不具合

iPhone、iPadなどをパソコンに接続して、iTunesを起動してください。iTunesインターフェースで左上方のデバイスアイコンをクリックして、新しいバージョンへのアップデート情報が表示され、「更新」をクリックするとiOS 10アップデートが簡単に完成できる。iTunesを通じてのアップデートができないという場合もある(直接IOSデバイスでiOS 10へアップデートするほか、iTunesを通じてのアップデートもひとつの方法)。ではiTunesでiOS 10にアップデートできない場合はどうする?

iTunes iOS 10アップデート失敗するときの対処法

iTunesを通じてiOS 10アップデート不具合が発生する場合はiTunesを最新のバージョンにアップデートしてください。iTunesのバージョンが古いせいで上手くアップデートできない場合があるから、最新にした状態でのアップデートは問題なくできるから。

iTunesのアップデートを確認する方法:ヘルプ→更新情報の確認の順にタップ。

iOS 10アップデート不具合

iOS 10にアップデートできない: iOS 10 アップデート後の不具合一覧

iOS 10不具合:若干のiPhoneとiPadユーザーは、彼らの装置が検証最新版で動けないと報告されている。

iOS 10不具合:iOS 10ダウンロードするときにエラーが発生し、iOS 10ダウンロード失敗というメッセジーは出てくる。

iOS 10不具合:iOS 10アップデートのスペースは足りない、最新版iOS 10のためにiPhone iPadで1.5GBの自由空間が必要となる。

iOS 10不具合:バッテリー問題、iOS 10アップデートしてバッテリーの消耗は速い。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

主要カテゴリー

WinX MediaTrans

「iTunes」代替ソフト2017版〜〜 日本語に対応

iPhoneを PCに転送

iPhone、iPad、iPodのiOSデバイスとPCの間に音楽、プレイリスト、ボイスメモ、ビデオ、iBook、着信音などのデータ移行・同期

スマホ全般比較

超人気スマホフラグシップ機iPhone、Xepria、Galaxy最新スマホ&タブレット徹底比較!|メリット&デメリット付き

iPhone/iPadの最新情報, スマホ全般の話題の人気記事

  1. 1

    iOS11新機能・アップデート方法・不具合などの最新情報をまとめ

  2. 2

    iPhoneストレージ容量足りないを解決する6つの方法おすすめ|iPhone 8/7/7 Plus/6s/6s Plus全部適用

  3. 3

    iOS 11ダウングレード手順を詳解|iOS 11ダウングレード失敗・不具合を回避する方法

  4. 4

    2017 iPhoneアプリおすすめ〜iPhone初心者もマニアも必要〜人気iPhoneアプリランキング

  5. 5

    iPhone 8とiPhone 7の違いを比較:iPhone 10周年記念モデルアイフォン8性能はどう?iPhone 8とiPhone 7どっちが買い?

iPhoneデータ管理を行える最高のソフト〜WinX MediaTrans

iOS10からiOS9.3へウングレード iOS10からiOS9.3へウングレード