ホーム iPhone最新情報 AirDrop使えない時の対策

Apple

AirDropができない原因と対策〜AirDropに相手が表示されない・送れない・受信しないなどを解決!

Q:iPhoneXでAirDropができません。2週間前にiPhoneXに機種変更しました。以前はiPhone6sを使用しており、MacBookProとの間でAirDropは問題なく作動していました。iPhone6sは下取りには出さずに現在所有しているのですが、今でも問題なくAirDropは使えています。しかしiPhoneXとMacBookProの間でAirDropができません。(互いに検出しません。)AirDropができない場合の対処法について調べ、できる限り試してみたのですがやはり検出しません。何かわかる方がおられましたら、教えていただけないでしょうか?

近くにあるほかの Apple 製デバイスと、写真、ビデオ、書類などをすばやく共有できる機能、それがAirDrop。Bluetoothのファイル転送と似ているもので、送信するため通信量は一切かかりませんし、送ってもらったとしてもその日付の写真/動画などと並んで表示されるし、iPhone同士であれば一気に送れることができるし、連絡先を知らなくても送れることもできるから、とても便利でよく使われている。

しかし、新しいiPhone/OSにした後、Airdropが正常に動作しなくなり、AirDropができないことになってしまった。たとえば、AirDropに相手が表示されないとか、相手側には私のデバイスは検出できないとか、AirDrop 受信しないなど。今回はAirDropができない時の対処法について詳しく説明してみる。

AirDrop写真をPCに取り込む方法があるのか?

AirDropができない

 DearMob iPhoneマネージャー

  • シンプルで操作性抜群!初心者にもよくわかる
  • iTunesなし、iCloudなし、WiFi経由なしで転送が可能
  • 転送速度は業界随一!高速化&大容量化で漫画転送ができる。
DearMob iPhoneマネージャー

iPhoneとPC間に写真・動画転送で必要となるソフト。1クリックだけでAirDrop写真をPCに取り込むことができる。

AirDropができない AirDrop使えない

AirDropができない表現は?

一言AirDropができないといえば、さまざまな表現がある。まずはAirDrop使えない表現をチェックしてみよう。

1、エアドロップが有効できない。

2、AirDropに相手が表示されない。

3、自分側のAirDropが相手に認識されない。

4、二つのデバイスが繋がっていても、AirDropが送れない/AirDrop 受信しない。

5、AirDrop写真が行方不明。

AirDropができない・使えない原因と対策は?

エアドロップができない表現がさまざまで、その原因もいくつかがある。次はAirDrop 失敗する原因をまとめて、それぞれの対策も紹介してみる。

1、AirDropができない原因その一:デバイスの距離が遠い

AirDropに相手が表示されない、また自分が相手に検索されない原因の一つは、お互いのデバイス距離が遠い。AirDropは近くにいる相手に簡単に写真・画像を無線で転送(送受信)することができるから、距離が遠すぎる場合検出できない。

アドバイス:

AirDropでWi-FiとBluetoothを使って画像などを転送するとき、相手が同じWi-Fi上にある場合はWi-Fi経由で、相手が約10メートル以内にいる場合はBluetooth経由で転送されるから、自分と相手デバイスの距離を10メートル以内であることを確認してください。

2、AirDropができない原因その二:Airdropを有効にする手順が間違った

AirDropに相手が表示されない、AirDrop 受信しない・転送できない場合、まずはAirdropを有効にさせる手順からチェックしよう、Airdropを利用するには、それぞれの機器を手動で有効にしないといけないから。(自分のデバイスだけでなく、転送相手のiPhone・iPadでAirdropを有効にするかどうかを確認する必要がある。)

アドバイス:

AirDropが送れない

iOS 11以前の場合:iPhone・iPadで、ホーム画面で下端から上にスワイプすると、コントロールセンターでAirDropボタンが表示される、それをタップして、「連絡先のみ」あるいは「すべての人」をタップすると、Airdropを有効にすることができた。

iOS 11以上の場合:iOS11以上のバージョンは、コントロールセンターが大幅にアップデートされた。一方、これまで便利に使っていた「AirDrop」が隠れていた。iOS 11以上のiPhone・iPadでAirDropを起動するときは、まずホーム画面で下端から上にスワイプして、コントロールセンターの左上に4つのアイコンが集まっている箇所がある。そこを長押しすると、拡大表示されたボックスの中で「AirDrop」アイコンが表示され、それをタップすると、共有許可範囲を「連絡先のみ」あるいは「すべての人」に設定するとAirDropが有効になる。

Macの場合:MacでAirDropを起動したいなら、FinderのサイドバーからAirDropを選択するか、または「Command+Shift+R」を押し、AirDropを表示させることができる。そしてAirDropの画面にある「このMacを検出可能な相手:」をクリックして、「連絡先のみ」あるいは「すべての人」に選択すると、MacでAirDropが有効になる。

PS:「AirDrop」の項目で「すべての人」となっていたら、AirDrop での送信先の候補として自分の名前が他人に漏れてしまう可能性があるから、知らないデバイスへデーター転送しないことをご注意ください。

3、AirDropができない原因その三:Wi-FiとBluetoothがオンになっていない

Airdropを利用する時には、近くのデバイスを検出するため、相手とデータ転送を行うために、BluetoothとWi-Fiの環境が必要になる。自分側また相手側のBluetoothとWi-Fiがオンにしていないなら、AirDropが有効していても相手が表示されないとか、写真など転送できない可能性がある。

アドバイス:

AirDrop 受信しない

BluetoothとWi-Fiのどちらが欠けてもAirDrop使えない。AirDropの機能を使おうとしたとき、通常であれば、自動的にWiFiやBluetoothはAirDrop使用時に自動的にオンに切り替わるようになっているが、切り替わっていない場合は手動で有効すると解決するかもしれない。それにしても、エアドロップができない場合には、Wi-Fi、Bluetoothの両方をいったんオフにして、再びオンにしてみると解決できる場合があるので、お試しください。

手動でWi-FiとBluetoothがオンにする方法:ホーム画面で下端から上にスワイプすると、コントロールセンターでWiFiやBluetoothボタンが表示される、それをタップしてブルーになると、BluetoothとWi-Fiをオンにすることができる。

4、AirDropができない原因その四:機内モード&おやすみモードに設定した

機内モードが有効になっている場合は、WiFiが無効になってしまうから、iPhoneでAirDropできない。そしておやすみモードになっている場合は、AirDropを使用することはできるが、おやすみモードが有効になっている場合はアラートを抑制するようになる。

アドバイス:

AirDropに相手が表示されない

AirDropを順調に使うため、AirDropを使用する時は機内モード&おやすみモードをオフにする必要がある。

iOS の場合:iPhone, iPad, iPod touchで、ホーム画面の下から上へスワイプしコントロールセンターを表示させる。そしてコントロールセンターにある、機内モードアイコンと月のようなマークをタップすると、機内モードやおやすみモードを無効に設定することが出来る。

Macの場合:Macの通知センター内に、一番上に表示されているおやすみモードのスイッチでオンとオフを切り替えることが出来る。また、「alt/option」を押しながら通知センターアイコンをクリックすると簡単に切り替えることが出来る。

5、AirDropができない原因その五:インターネット共有がオンになっている

インターネット共有とは、iPhoneをWifiの端末として機能させることができ、そこから通信機能のないパソコンなどをつなげてインターネット接続を可能として便利な機能。分かりやすく言うと、iPhone専用の回線をパソコンなどでも使えるように共有してあげる機能。
AirDropを使用するには、WiFiが必要となるためインターネット共有がオフにしておかなければならない。インターネット共有がオンになっている場合にはエラーメッセージが表示される場合があるから。

アドバイス:

AirDrop繋がらない、送れないなどのエラーが発生する場合、インターネット共有がオフにしたほうがいい。

iOS の場合:iOSの場合は、インターネット共有の機能をオフにするには、「設定」→「インターネット共有」からオンとオフを切り替えることができる。

Macの場合:Macの場合は、インターネット共有の機能をオフにするには、メニューバーにあるWiFiアイコンをクリックし、インターネット共有の下にある「接続を解除」をクリックするとインターネット共有がオフになっている。

6、AirDropができない原因その六:デバイスが一時的に不具合が出る

iPhoneを使っていると、突然アプリが動作しない、タップしても反応しない、本体が熱い、Wi-Fiを急に拾わなくなるなどの不具合(バグ)が起きる事が珍しくない。iPhone、iPadなどのデバイスを使うとき不具合が出ると、AirDrop使えないこともある。

アドバイス:

距離、WIFI、Bluetoothなどの準備ができて、原因がわからないとき、AirDropができないなら、いったんお使いのデバイスを再起動してみてください。「デバイスの再起動」により、AirDropができない不具合の解消ができることもある。エアドロップができないことを含む、多くの不具合が再起動は有効。

7、AirDropができない原因その七:iCloud不具合が出る

Wifiさえあれば、写真やビデオなどが自動的に iCloud にバックアップしておく。iCloud の接続障害、システムダウンやサービス中断などの問題で、そして iCloud に保存しているファイルを他人に転送することができなくなってしまう、AirDropが送れない。

アドバイス:

iPhoneでAirDropできない

iCloudログアウト手順:iPhoneで「設定」→「Apple ID、iCloud、iTunes StoreとApp Store」→「サインアウト」の順でタップして、続けて「データのコピーをこのiPhoneに残しますか?」画面が表示され、特に設定(3カ所のオン/オフのみ)は変更せずに、「サインアウト」をタップして、「本当によろしいですか?」が表示されるので、もう一度「サインアウト」をタップ。「iCloudデータを削除中...」とだけ表示された画面に切り替わるので、終了をしばらく待つだけでいい。

iCloud再ログイン手順:iPhoneで「設定」→「iPhoneにサインイン」でタップして、続けて「Apple ID」というログイン画面が表示されるので、「Apple ID」と「パスワード」を入力して、「サインイン」をタップ。続いて「Apple ID確認コード」を入力した後、「iPhoneのパスコードを入力」画面が表示されるので、ロック解除に使っていたパスコードを入力。最後にSafariのデータの扱いについて質問されるので、今回は「結合しない」を選択すると、iCloud再ログインが成功。

iTunesなんてもう飽きちゃった:DearMob iPhoneマネージャーだけおさえておけば安心!
iPhone 8 iTunes同期できない
  • 親切なシンプル設計で操作性抜群!初めての方でも難なく簡単に使える。
  • iTunes不要でPCとiPhoneの間で勝手気ままにファイルをやり取りができる。
  • 転送速度は業界随一で10GBぐらいのデータがみるみるうちに転送できた。
  • 音楽、プレイリスト、動画、写真、着信音、などのバックアップ。
  • またApple Music、iTunes Storeから購入した曲のDRM保護を簡単にフリー化。
iTunesでiPhone 8が表示されない iTunes iPhone 8認識しない

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 合意書 | ニュース | お問い合わせ | 人気記事

Copyright © 2020 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。

主要カテゴリー

DearMob iPhoneマネージャー

「iTunes」代替ソフト2017版〜〜 日本語に対応

iPhoneを PCに転送

iPhone、iPad、iPodのiOSデバイスとPCの間に音楽、プレイリスト、ボイスメモ、ビデオ、iBook、着信音などのデータ移行・同期

スマホ全般比較

超人気スマホフラグシップ機iPhone、Xepria、Galaxy最新スマホ&タブレット徹底比較!|メリット&デメリット付き

iPhone/iPadの最新情報, スマホ全般の話題の人気記事

  1. 1

    iTunesがiPhone認識しない/同期できない原因&対処法〜最新のWindows10/Mac/iPhone7/iOS10に全対応!