Home > Blog >桜をテーマにする映画

桜に関する映画‐お花見途中の暇つぶし

お花見に行く途中のつまらない時は何をする?

春は桜のシーズン。暖かい春風に吹かれながら、美しい桜を鑑賞するのはなんと心地よい!この桜の国で、桜前線を追いかけて、お花見に行こう!しかし、お花見に行く途中のつまらないときは何をするの?今は誰でもスマホやタブレットを持っている時代になった。DVDから動画をコピーして、スマホタブレットなどの手持ちデバイスに取り込んで、再生するのは可能になった。桜は春の象徴であり、日本らしさでもあるから、桜に関する映画をたくさん制作された。お花見の途中で桜をテーマにした映画を見て、暇つぶしにもなれる。では桜に関する映画を見ましょう。

桜に関する映画‐桜並木の満開の下に(2013年4月13日公開)

「ビッグ・リバー」「フタバから遠く離れて」の舩橋淳監督が震災後の茨城県日立市を舞台に描くヒューマン・ラブストーリー。突然の事故で夫を失ったヒロインが悲しみを乗り越え、加害者として十字架を背負って生きる誠実な青年と恋に落ちていくまでを真摯に見つめる。茨城県日立市の小さな町工場。ここで働く栞は、同僚の研次と結婚し、幸せな新婚生活を送っていた。ところがある日、出張中の研次が作業時の事故で亡くなってしまう。事故を起こしたのは研次が目をかけていた後輩の工だった。悲しみに暮れる栞は、工の謝罪を受け入れることができず、憎しみを募らせるばかりだったが…

キャスト:佐生栞‐臼田あさ美、森工‐三浦貴大、佐生研次‐高橋洋、翔子‐松本まりか

桜に関する映画‐山桜(2008年5月31日公開)

藤沢周平の同名短編を「はつ恋」の篠原哲雄監督、田中麗奈主演コンビで映画化した感動時代劇。嫁ぎ先に恵まれず辛い結婚生活を堪え忍ぶ女性が、本当の愛を見つけるまでの道のりを、庄内の美しい風景をバックに繊細に描き出す。共演は「MAKOTO」の東山紀之。江戸後期、北の小国、海坂藩。最初の夫に先立たれた後、磯村家へと嫁いだ野江。しかし、磯村家での結婚生活は辛く苦しいだけの日々だった。そんなある日、久々に叔母の墓参りをした野江はその帰り道、美しく咲き誇る一本の山桜の下で一人の武士と出会う。手塚弥一郎と名乗ったその侍は、彼女がかつて会うこともなく断った縁談相手だったのだが…。

キャスト:磯村野江‐田中麗奈、浦井七左衛門‐篠田三郎、浦井瑞江‐檀ふみ、浦井新之助‐北条隆博

桜に関する映画‐桜の園(1990年11月3日公開)

女子高演劇部の人間模様を描いた吉田秋生の原作マンガを基に、「ボクの女に手を出すな」の中原俊が、チェーホフの“桜の園”の開演直前の2時間に凝縮して思春期の少女たちの揺れる心の内面を瑞々しく映像化した珠玉の一篇。桜の咲く季節。私立櫻華学園高校演劇部。創立記念日恒例のチェーホフの“桜の園”上演のある朝、しっかり者の部長・由布子はいきなりパーマをかけてきた。さらに、前日、部員の紀子がタバコを吸って補導されたというニュースに動揺する部員たち……。

キャスト:志水由布子(3年・部長ドゥニャーシャ)‐中島ひろ子、杉山紀子(3年・ヤーシャ)‐つみきみほ、倉田知世子(3年・ラネフスカヤ)‐白島靖代、久保田麻紀(3年・ロバーヒン)‐梶原阿貴

桜に関する映画‐夕凪の街 桜の国(2007年7月28日公開)

平成16年度文化庁メディア芸術賞マンガ部門大賞、第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞したこうの史代の同名マンガを実写映画化したヒューマン・ドラマ。過去と現在の2つの物語を通して原爆が世代を超えてもたらす悲劇を静かに見つめる。「夕凪の街」──原爆投下から13年後の広島に暮す平野皆実。同僚の打越の告白に幸せを感じたのも束の間、原爆症の恐怖が彼女を襲う…。「桜の国」──現在の東京。家族に黙って広島へと向かった父の後をつけてきた娘の七波。彼女は、次第に自分のルーツに思いを巡らせていくことになるが…。

キャスト:石川七波‐田中麗奈、平野皆実‐麻生久美子、打越豊(青年時代)‐吉沢悠、石川旭(青年時代)‐伊崎充則

桜に関する映画‐秒速5センチメートル(2007年3月3日公開)

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く…。貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」の3編を収録した連作短編アニメーション。ありふれた日常の中で繰り広げられる男女の心の機微を美しい映像でリリカルかつノスタルジックに綴る。

キャスト(声の出演):遠野貴樹‐水橋研二、篠原明里(第1話「桜花抄」)‐近藤好美、澄田花苗‐花村怜美、篠原明里(第3話「秒速5センチメートル」)‐尾上綾華

桜の季節はリラックスの季節でもある。買った桜をテーマにした映画DVDをDVD変換ソフトによって変換して、スマホやタブレットに取り込んで花見しながら映画を鑑賞するのは結構心地よいよね。Digiarty社は今回「お花見プレゼントキャンペーン」(開催場所:http://www.winxdvd.com/giveaway/japanese.htm)を開催し、2014年3月20日〜2014年4月30日無料で有償DVD変換ソフトWinX DVD Ripper Platinumを無料配布している。では、この最高のDVD変換ソフトを使って、桜をテーマにした映画を手持ちデバイスに取り込んで再生して、きっとお花見に行く途中の暇つぶしになるだろう。

関連ブログ:

http://www.winxdvd.com/blog/topic.htm〜〜詳しいDVD/動画ソフト情報と人気記事についてのブログ。

http://www.winxdvd.com/blog/special-subject-protect.htm 2014最新リッピングできないDVD一覧、DVD コピー できないを解決