Home > Blog >DVDをiMovieに再生する方法

DVDをiMovieに取り込む方法、iMovieでDVD再生可能になる!

アップルは、iOSデバイス向けiMovieを提供している

Mac OS X向けとはインタフェースが異なるが、基本的に機能は同じです。iMovieはくつろぎながらビデオを鑑賞するのにぴったりです。フルスクリーン表示にすれば、デスクトップにある余計なものに邪魔されず、動画を心ゆくまで楽しめるでしょう。Cover Flowを使って、iTunesのアルバムアートと同じ感覚で、ビデオライブラリ全体をぱらぱらとめくるように見ていくこともできます。イベントとプロジェクトを切り替えます。クリップを早送りして、さっと見ます。それぞれのシーンを見ます。すべてが思いのままです。DVDをiMovieに入れると、DVD動画をこれまでにないほど鮮やかに映し出すことができます。ところで、DVDをiMovieに対応することができませんが、どうすれば、iMovieに取り込めますか?

最高的なDVDをiMovieに再生できるDVD iMovie変換ソフト

VDをiMovieに変換できないのは形式制限のせいで、ただ圧縮と変換プロセスを通して、DVDをiMovieに対応できるフォーマットに変換できれば、再生する問題が簡単に解決できます。DVDをiMovieに再生するため、まずはDVDリッピングソフトを使って、DVD動画を変換する必要があります。こちらで、最高的なDVDリッピングソフトWinX DVD Ripper Platinumを推薦したいです。
手軽くて市販/レンタルDVDをiMovieに入れることができます。それに加えて、ユーザーのニーズに応じて、自分でオーディオ、ビデオと字幕パラメータを設定することができます。ビットレート、解像度、フレームレートが調節可能で、ビデオのプレビュー、編集、変更、調整が容易に取得できます。客様の様々な要望を満足するために、最近350種類の新しいプロファイルを追加されました。今まで最大な変革の最新のバージョンをリリースしました。ファイルマージ機能でDVDからいくつかのタイトルを1つに組み合わせることができ、つまり、違う動画を一つになれることが実現できます。また、セグメントの分割や画像サイズトリミングも可能です。

どうやってDVDをiMovieに取り込んで再生できますか?

事前にDVD iMovie変換ソフトをフリーダウンロードしてインストールしてください。 インストール時、インストール言語を日本語を選択してください。(ソフトを起動した後、「?」アイコンから言語も選択できます)Mac版もあります。MacユーザーはWinX DVD Ripper for Mac(http://www.winxdvd.com/dvd-ripper-for-mac/index-jp.htm)をダウンロードしてください。

ステップ1:オリジナルDVDディスクをドライブに入れて、WinX DVD Ripper Platinum を起動して、DVDをソフトに入力しましょう。(このソフトは「DVD ディスク」、「ISO イメージ」、「フォルダ」(VIDEO_TSファイルなど)と言う三つの入力方法をサポートします)。ISOやフォルダの場合は、クリックした後「参照」ボタンでPCからファイルを選択し「OK」で入力してください。

ステップ2:DVDを入力した後、ソフトは自動的で出力形式の選択界面を表示できます。iMovieはAppleデバイスですから、こういう順番: Appleデバイス ->iMovie動画へ-> iMovie(MPEG4)(H264)。そしてOK」をクリックしてください。

ステップ3:「参照」ボタンを通じて、ファイルを選んで変換された動画を保存先を選択してください。

ステップ4:「 RUN」ボタンをクリックして実行します。高速な変換を楽しんでください。。

また、350種類の新しいプロファイルが追加されたWinX DVD Ripper Platinumは全てのDVD/DVD ISOイメージ/DVDフォルダをAVI, MOV, WMV, MPEG, MP4などのあらゆる流行しているビデオフォーマットへ変換できるだけでなく、DVDをAppleのスマホ(iPhone5/5c/5sを含め)、タブレット(iPad Mini/4を含め)、音楽プレイヤー(iPod Touch5を含め)、Apple TV、iTunes、iDVD、Final Cut Pro、Air PlayitなどすべてのAppleデバイス、Androidスマホ(HTC one xを含め、Samsung Galaxy S4を含め、Google, Galaxy, Nexusを含め、Acer、HUAWEI、Xiaomi、Lenovo、Meizu、LG、 ASUSなど)、タブレット(HTC Pad, Samsung Galaxy Tab, Amazon Kindle Fireを含め、Acer, ASUS, HUAWEI, Lenovoのタブレットなど)、音楽プレイヤーなどのAndroidデバイス, Sonyのデバイス, Microsoftのデバイスなどに取り込み、再生できます。それに加えて、DVD動画から音源などを抽出して着信音や他のビデオのBGMに作ることができます。好きな映画画面がある場合は、映画からキャプチャして、ピクチャ形式で保存することもできます。

ご注意:ソフトをご利用になる前に国家の著作権に関する法律についてお調べになるようにお勧めします。法律の趣旨をよく理解して正しい行動をしましょう。例えば、著作権保護の適用外になるDVDのコピーが合法的な使用法です。

関連ブログ:http://www.winxdvd.com/blog/ DVD/動画変換についての詳しく紹介があるブログ。