Home > Blog >映画から見る世界各国のクリスマス料理

映画から見る世界のクリスマス料理

 

 

クリスマス映画の中には、クリスマス料理が欠かせません。日本人は正月におせち料理を食べると同じように、欧米諸国では、クリスマスディナーには豪華なクリスマス料理が定番です。もちろん、一概にクリスマス料理といっても、国によって、多少の違いがあります。各国のクリスマス映画のクリスマスディナーには、その違いがよく反映されます。各国のクリスマス映画を楽しみながら、世界のクリスマス料理を見てみましょう。

1.イギリスのクリスマス料理 代表作《ラブ・アクチュアリー

概要:クリスマス前のロンドンを舞台に、19人の登場人物が織り成すさまざまな恋愛模様を描く映画です。秘書との恋に落ちたイギリスの首相、義理の息子との関係で悩んでいる父親、ポルトガル人のメイドに恋をした小説家、浮気した夫で悶々とした日々を過ごす熟年主婦など、さまざまな人々の「愛」についての物語です。落ち込んでいる時や悲しいときはこの映画をぜひご覧ください。この映画を見て、きっとlove actually is all aroundということがわかります。


クリスマス料理:平日の質素なイギリス料理と違って、《ラブ・アクチュアリー》に見るイギリスのクリスマスディナーはかなり豪華なもの。ただし、アメリカと違って、イギリスのクリスマス料理の主役は七面鳥ではなく、ローストグーズ(がちょうの丸焼き)です。果物や野菜などが腹いっぱい入ったがちょうにさまざまな香辛料をつけ、オープンに入れて焼きます。出来上がったローストグーずを食べると、その香ばしさがすぐ口いっぱいに広がります。さらに、レッドワインを一杯飲むと、クリスマス気分を満喫できます。
ローストグーズの他にも、クリスマスプリンもイギリスのクリスマスディナーの定番です。日本の餅つきみたいに、このプリン作りには一家揃って参加することが習慣です。生地を作るときはぐるぐると時計回りに生地を動かすほうは縁起がいい。生地の中には一枚のコインが入っています。このコインの入ったプリンを取った人は来年のラッキーパーソンになるのだという。

ラブアクチュアリー》のDVDをリッピング/動画変換するには

2北欧のクリスマス料理 代表作《サンタクロースになった少年》

 

概要:孤児だったサンタクロースの少年時代が描かれている映画です。家族全員を事故で失ったニコラスが村の6つの家族と一年ずつ暮らすことになりました。そして、クリスマスには、ニコラスは世話になった家の子供たちに手作りの玩具を贈るようになります。しかし、六年目のとき、不作と不漁でどの家もニコラスを引き取れる状態になかった。仕方がなく、ニコラスは家具職人のイーサッキの働き手になりました。しかし、その後、年老いたイーサッキとニコラスの間に、家族のよな感情が生まれました。ニコラスはイーサッキの残した財産をつかい、クリスマスに子供たちに玩具を贈ることを生涯の仕事と決めました。そして、最後はサンタクロースになりました。


クリスマス料理:映画の中からサンドイッチ、ミルク粥、肉団子、エビフライ、豚肉のハム、グロッギ、ブルーベリのクリスマスケーキなどの北欧の料理がいっぱい出てきました。その中一番代表的な北欧のクリスマス料理はミルク粥です。フィンランドのクリスマス朝食には、ミルク粥を食べるのが一般的です。お粥を作るとお母さんはこっそりアーモンドを一粒入れ、取り分けた際、これが自分のお皿に入った人は来年に向けた願い事ができるのだという。クリスマスはローストチキンのイメージが強いが、実は、サンタクロースの故郷の北欧では、クリスマス料理のメインは豚肉です。クリスマスになると、目を張るほどの大きさの豚肉のハムがごろごろ売られている光景が圧巻的です。

サンタクロースになった少年》のDVDをリッピング/動画変換するには

3.アメリカのクリスマス料理 代表作《This Christmas

 

概要:クリスマスを控えて、ホイットフィールド家の家長であるマディアの元に、貧乏なミュージシャンの長男、夫との離婚の危機に襲われた専業主婦の長女、キャリアウーマンの次女、と部隊から逃げた次男、大学七年生になっても卒長の見込みのない三女と密かん歌手になる夢を抱いて、母親に言えない未子がそれぞれの悩みを抱いて、帰ってきた。


クリスマス料理:黒人ラップと温かいユーモア以外に、この映画の最大の見所は美食です。七面鳥の丸焼き、焼きハム、サーモン、プリン、梅、ミンスパイ、フルーツカクテル、クリスマスケーキ、クリーミーなマッシュポテトなどが食卓を彩ります。 アメリカのクリスマス料理といえば、く七面鳥の丸焼きです。実のところ、七面鳥はアメリカでの極普通の肉食です。平日でもよく食べられています。ただ、クリスマスの時、七面鳥の腹の中にいろんな材料を入れ、オオープンの中に置いて焼きます。出来上がった七面鳥をテーブルに置いて、ナイフとフォークで切って、一緒に食べます。アメリカ人はクリスマスに七面鳥の丸焼きを食べるのは1620年クリスマスからはじまったという。その年、イギリスからの新しい移民はアメリカに着いたばかりです。がちょうのない米州でしかたなく、七面鳥の丸焼きをクリスマスのメインにしました。意外がことに、七面鳥がガチョウより美味しい。その後、七面鳥の丸焼きはアメリカのクリスマスメイン料理になりました。 また、人数の多いアメリカ家庭のクリスマスディナーには子豚の丸焼きもよく並べられています。その豚の口にはひとつのりんごが入っています。アメリカのクリスマスディナの中にはもうひとつの特別の食べ物があります。それがポレンタ焼き。こんがりと小麦色に焼いたポレンタの上にクリームと果物がたぶっり添えられ、甘くて、美味しいんです。

This Christmas》のDVDをリッピング/動画変換するには

4.フランス、ドイツのクリスマス料理 代表作《戦場のアリア》

概要:1915の第一次世界大戦のクリスマスに、フランス・スコットランド連合軍はドイツ軍と、狭いノーマンズランドを挟んでで対峙していました。クリスマスの前、ドイツ軍の兵士スプリンクの彼女のアナは戦場に来ました。そのアナの聖歌に両側の兵士たちが感動され、武器を差し置いて、クリスマスイヴだけは戦闘を中止することを決定しました。サッカーを楽しみ、チョコレートとシャンペーンを分け合い、家族の写真を見せ合いながら、束の間の友情を交わした兵士たちはクリスマスを一緒に送りました。《戦場のアリア》の中で出てくるドイツとフランスの豪華なクリスマス料理と冷たい槍の鮮明なコンテストは戦争の惨さを一層引き立てた。


クリスマス料理:あの有名なブッシュ・ド・ノエルケーキはフランスのクリスマス料理の定番です。ランス料理を誇るこの国では、クリスマス料理の豊富さは言うまでもありません。牡蠣、ソーセージ、ワイン、パン、ハム、バーベキュー、サラダ、フルーツ、ペストリーなどがいっぱいあります.因みに、お酒好きなフランス人のクリスマスディナーには七面鳥の丸焼きがなくても、ブランディとシャンピニオンが決して欠かせません。
ドイツで一番有名なクリスマススイーツはジンジャー・ケーキです。伝統のジンジャー・ケーキはハチミツと胡椒を、香辛料にしましたので、甘くてスパイスな味が特徴ですが。今売られているにのはほとんどが改良されたもの。砂糖をたっぷり入れましたし、食感はふんわりとやさしくしました。そして、ビールと豚肉製品の大国として、クリスマスディナーにはもちろんビールや豚肘、ベーコン、酸っぱい豚足などが入っています。そのほかにも白い葡萄酒、ミルク製品、フルーツ入りのクリスマスケーキ、さまざまな形をしたビスケット、チョコレートスナックもなくてはなりません。

《戦場のアリア》のDVDをリッピング/動画変換するには

クリスマス映画をリッピングあるいは変換するにはどうすればいい

クリスマスはこれらの映画を見て、うまいクリスマス料理を味わいながら楽しく過ごしましょう。ただ、これらのレンタルDVDを焼きたいですが、焼く方法とDVDを焼く用ソフトがわからない人が多いでしょう!DVDリッピング&変換ソフトウエアの開発に特化しDigiartyソフト社は2013クリスマスキャンペーンを開催します。この2013クリスマスキャンペーンで有償のDVDコピーソフトWinX DVD Copy Proとこのソフトの登録コードを無償配布しています。皆さんは開催場所:http://www.winxdvd.com/giveaway/japanese.htm へアクセスして、このソフトを手に入れると、無料で市販のDVD、レンタルDVD(プロテクト付きDVDも)をDVD、ISOファイルなど9種類のモデルに焼く&コピーすることができます。Digiartyホリデーキャンペーン&お買い得セールでクリスマスに見たいDVDをいっぱい焼いて!2013年クリスマス笑える映画を思う存分に楽しみましょう。

関連ブログ:

http://www.winxdvd.com/blog/topic.htm〜〜詳しいDVD/動画ソフト情報と人気記事についてのブログ。