Home > Blog > 暦年の経典ハロウィンDVD映画のまとめ

2014年ハロウィンに見たい暦年の経典作DVD映画のまとめ情報

2014年のハロウィンが、だんだん近づいています。今年のハロウィンが友人とハロウィンパレードを見に行きますか?家族とハロウィンディナーを楽しみますか?或いは家に暦年の経典ハロウィンDVD映画を観賞するつもりですか?今回、暦年の経典ハロウィンDVD映画をまとめ、皆さんにハロウィン気分を更に盛り上げてくれる映画を教えてください。ホラー映画、子供向け映画、恋愛映画を一括まとめ、皆さんにシェアーしましょう!観賞したこともない絶賛映画を見付けられる可能性がありますよ!

1.経典ハロウィンDVD E.T.(イーティー、E.T. The Extra Terrestrial

解説:森林にほど近い郊外に住む少年エリオットは裏庭でその異星人と遭遇、彼をかくまう事にする。兄と妹を巻き込んで、ETと名付けられたその異星人との交流が始まったが、ETの存在を知っているのはエリオットたちだけではなかった……。
経典作の2014年新感想:不朽の名作「E.T.」。あまり印象にない方も多いかもしれませんが、映画の後半部分はハロウィンなんです。また、この作品をきっかけに日本にハロウィンの文化が広まったとも言われています。

2.経典ハロウィンDVD:ゴーストバスターズ(Ghostbusters

解説:ニューヨークのコロンビア大学で超常現象や幽霊・霊体の研究者が、一方的に研究費を打ち切られ、科学的に超常現象全般を扱う会社「ゴーストバスターズ」を開業。
経典作の2014年新感想:幽霊や超常現象について研究する3人の学者が、会社「ゴーストバスターズ」を立ち上げて、超常現象に襲われるNYを救う物語であるSFコメディ映画です。

3.経典ハロウィンDVD:ハロウィン Halloween

解説:現在では「代表的なスプラッター映画」になるこの映画は、1978年に第1作が公開され、映画製作にかかった費用は低予算(32万5000ドル)ながらも、大ヒットを記録しています。日本での公開は1979年8月。以降、最も人気のあるホラー映画の1つとなり、2002年までに8作の続編が作られています。
経典作の2014年新感想:「13日の金曜日」や「エルム街の悪夢」に並び、アメリカ三大ホラーのひとつです。ハロウィンの日に覚醒し、次々に自分の血縁者を殺していく殺人鬼のお話。8つの続編が製作され、2007年には本作のリメイク版も公開されています。

4.経典ハロウィンDVD:最終絶叫計画(Scary Movie

解説:ハロウィンの夜、ハイスクールの美少女ドリューが「ハロウィンマスクをかぶった殺人鬼」に惨殺されました。テレビカメラやレポーターが殺到し街が大騒ぎになる中、シンディ・キャンベルは不安に駆られていました。
経典作の2014年新感想:物語は、ハロウィンの夜に起きた事件から始まります。怖いのが苦手な人にはこっちがオススメ!ただ、下ネタがひどいので家族では見ないほうがいいかもしれませんが。

5.経典ハロウィンDVDゴースト/ニューヨークの幻 Ghost

解説:ロマンス、コメディ、ファンタジー、ホラーといったいくつかのジャンルに含まれます。愛する人が幽霊となって目の前に現れるというアイデアは、この映画のメガヒットで多くの亜流映画・小説を生みます。
経典作の2014年新感想:「死んでも君を守りたい」幽霊になっても恋人を愛し、守ろうとする物語。最高の恋愛映画です。コメディ要素もあって笑えるけれど、最後は絶対感動で泣いちゃいます!

6.経典ハロウィンDVD:キャスパー(casper

解説:キャスパーは娘と仲良しになりますが、そこへ屋敷に隠された秘宝を狙うモリアーティと英国人の無能弁護士が現われて奇想天外な大騒動が巻き起こります。CGをふんだんに使ったファンタジー映画であります。
経典作の2014年新感想:登場するキャラクターが可愛いだけでなく、ストーリーも心温まるやさしいお話です。

7.経典ハロウィンDVD:スリーピーホロウ(sleepy horror

解説: 1999年製作のアメリカ映画であります。スリーピー・ホロウの都市伝説と、それに着想を得て書かれたワシントン・アーヴィングの小説『スリーピー・ホロウの伝説』を元にティム・バートンが、さらに独自の脚色とストーリーで映画化したものであります。
経典作の2014年新感想:ティム・バートン×ジョニー・デップの最強タッグ、アカデミー美術賞受賞の実写映画作品。「首なし騎士」を題材としたアメリカ人なら誰もが知る古典的ホラー作品を映画化したものです。

8.経典ハロウィンDVD:スクリーム(Scream

解説:この映画では10代の若者たちが描かれます。そして謎の殺人鬼が現れたとき、映画マニアの彼らは「スプラッター映画のお決まりのパターン」を会話の中で紹介し、情け容赦なく批判します。この絶妙な設定によって、すでに飽きられていたスプラッター映画を1990年代半ばに復活させることに成功しました。
経典作の2014年新感想:ブラック・コメディの要素のあるホラー映画。とても残虐で怖いです。

2014年のハロウィンキャンペーンについて

Digiartyは2014年のハロウィンに応じて、特にいつどこでもハロウィンDVD映画が享受できるように対して、最高的なハロウィンDVD映画リッピングソフトを無料配布します。この日本語版ソフトを持つとDVDリッピングできるし、DVDをスマホ・タブレットに再生できるし、ご愛用するポータブルデバイスでハロウィンDVD映画を鑑賞することもできます。それに加えて、DVD映画を他の形式に変換して、普通のプレーヤーに再生できます。今回のハロウィンキャンペーンについて、コチラでご参照ください:http://www.winxdvd.com/giveaway/japanese.htm

また、ハロウィンDVD映画をリッピングする方法が分からなければ、コチラで、映画を自分が愛用しているデバイスに再生する詳しい方法をご参照ください:http://www.winxdvd.com/blog/ideal-jyuon-dvd-to-mobile-and-tablet-software.htm

関連ブログ:

http://www.winxdvd.com/blog/topic.htm〜〜詳しいDVD/動画ソフト情報と人気記事についてのブログ。