Home > Blog >画面アスペクト比いついて

ホームシアターの世界で最も重要な要素 ― 画面アスペクト比

画面アスペクト比とは

画面アスペクト比(がめんアスペクトひ)とは映画・テレビジョンなどにおける画面のアスペクト比である。誤解の可能性がないときは単にアスペクト比、アスペクトレシオともいい、Display Aspect Ratio(あるいはScreen Aspect Ratio)を略してDAR(SAR)ともいう。

アスペクト比は、テレビやデジタル動画では横縦の整数比(例:4:3)で表されることが多く、映画界では伝統的に、縦を1とした縦横比(例:1:1.33)で表されることが多いが、ここでは順序は横縦比(例:4:3、1.33:1)で統一する。

テレビの画面サイズ

日本におけるNTSC方式テレビ放送の画面サイズはスタンダード・サイズの横縦比1.37:1とほぼ同じサイズの1.33:1(4:3)でNTSC方式テレビ放送を改良したワイドクリアビジョン放送、地上デジタルテレビ放送とBSデジタル放送で採用されている高精細度テレビジョン放送の日本規格ハイビジョンの画面サイズは1.78:1(16:9)でビスタサイズとほぼ同じ。従ってテレビやビデオなどの映像機器を接続する映像伝達ケーブルに流れる映像信号もNTSC方式に準拠しており、ドット換算でいうところの640×480サイズ(4:3)程度の映像信号が流れるのが基本になっている。またD端子を使って伝送する信号のD1もこのNTSC方式相当の信号規格(規格としては720×480として定義されている)。D3では日本規格でいうところのハイビジョン映像相当の1920×1080(16:9)サイズの映像信号までが許容信号になっている。

映画などの場合は上映場の映写機やスクリーンを適応したものに変えていけば済むが、テレビやビデオなどの映像メディアでは対応する数の関係で映画のようには規格の変更は容易ではない。従来の映像機器の規格はスタンダードサイズの映像信号を伝達することを前提に決められたため、映像端子(コンポジット端子、S端子、D端子のD1規格)ケーブルなどの信号伝達路には4:3サイズの映像信号しか流せない。そのため16:9のワイドサイズ映像については16:9サイズの映像をどのようにして従来規格である4:3サイズ限定の映像信号伝達路に流すかを考えた結果生まれたのが、4:3サイズの記録領域に16:9サイズの映像を収録するレターボックス方式やスクイーズ方式である。その後、映像メディアの発達により高画質あるいはワイドな映像の規格が誕生しそれらに対応した機器を使用することで映像信号の伝達路にも実際の映像サイズに応じた信号を流すことが可能になっている。

ノーマル
横縦比は4:3。スタンダード・サイズと同じ比率でNTSCの標準画面サイズである。4:3テレビの場合はそのまま表示される。ワイドテレビでノーマルサイズ番組を視聴する場合は、4:3サイズの映像の左右にサイドバーを付した形で表示される。
ワイド
横縦比は16:9。ビスタ・サイズとほぼ同じ比率でHDTVの標準画面サイズである。ノーマルテレビでワイドサイズの番組を見る場合は、上下に黒枠が付いた形で表示される。この形態をレターボックスと呼ぶ。
レターボックス
4:3ノーマル画面に16:9ワイドサイズの映像が丁度納まるような形に画面内の上下に黒枠を付けて表示するタイプのものを「レターボックス」という。同様に16:9ワイドサイズの画面にシネマスコープサイズ(2.35:1)の映像を挿入したものもレターボックスと呼ばれる。

DVD-Videoの画面サイズ

DVD-Videoの場合もテレビと同様にノーマル、ワイド、レターボックスの3種類の画面サイズで映像が収録されておりほぼテレビの画面サイズ規格に準拠している。映像信号の出力先テレビがノーマル(4:3画面比率)かワイド(16:9画面比率)かによって出力情報を変化させている。

ノーマル
横縦比は4:3。テレビの場合と同様NTSCの標準画面サイズである。DVDソフトでは【4:3】の表示がついている。
ワイド
横縦比は16:9。テレビの場合と同様、ビスタ・サイズとほぼ同じ比率でHDTVの標準画面サイズである。DVDソフトでは通常【16:9】の表示がついている。
レターボックス
テレビの場合と同様に、16:9サイズの映像を4:3サイズの画面内に納まる形で記録したもの。DVDソフトでは【LB】あるいは【16:9 LB】の表示がついている。

他の一般的な画面アスペクト比:

1.3 = 4:3:一部のコンピュータモニタ(VGA, XGAなど), SDTV
1.414 = √2:1:国際サイズ(ISO 216)
1.5 = 3:2:35 mmフィルム
1.6 = 16:10:コンピュータディスプレイに広く使われている
1.618:16:10 = 8:5に類似する黄金比、ワイドスクリーンのコンピュータモニタ (WXGAなど)
1.6 = 5:3:スーパー16 mm,、多くの欧州諸国の中で、標準的なフレーム比
1.7 = 16:9:HDTV

関連ブログ:http://www.winxdvd.com/blog/  あらゆる動画をタブレット、デバイスなどに変換についての詳しく紹介があるブログ。
http://www.winxdvd.com/blog/special-subject-protect.htm  2014最新リッピングできないDVD一覧、DVD コピーできないを解決

関連製品

WinX DVD Ripper Platinum:特別なDVDリッピングソフトウェアです。DVDコンテンツを様々なビデオフォーマットへリッピングできます。DVDを AVI, MP4, MPEG, WMV, MOV, FLV, 3GPなどへ変換できます。簡単な操作でDVDをiPhone, iPod, iPad, iTouch, Apple TV, Zune, 携帯電話, Sony PSPなどに取り込むこともできます.

WinX HD Video Converter Deluxe :MKV, MTS, M2TS, AVCHD, AVI, MP4, MPEG, WMVの相互変換をサポートする。Youtube動画をダウンロード、写真のスライドショーを作成、更に動画を思う存分に編集できる.

特別割引き: WinX HD Video Converter Deluxe

HD映像ファイルMKV, M2TS, MTS, AVCHD, H.264/MPEG-4 AVC,普通映像ファイルAVI, MPEG, MP4, WMV, MOV, FLV,RM, RMVB, WebM, Google TV,などです.更に,独自の技術を備えて,BDAV, M2TS, MKV, AVCHD,HDTVまたはMPEG-TSなどのマルチトラックHD映像ファイルもサポートしています.従って,強力なフォーマット互換性があり,すべてのWindowsメディアプレーヤー,iPhone/5/4S,iPad 4/mini, iPod/5, PSP, PS3, Surface Tab, Android, Blackberry DVDプレーヤーで映像を再生することできます。

時間限定割引き価格: 4800円 ===> 3600円